0
¥0

現在カート内に商品はございません。

「梅の酒」が第13回フェミナリーズ世界ワインコンクールにて金賞受賞

フェミナリーズ世界ワインコンクールとは

https://www.feminalise.com/?lang=jp-ja

女性審査員だけを対象にした画期的でユニークなコンセプトのコンクールです。2007年に始まった第1回目からどんどん拡大発展していき、2015年に世界的なコンクールとなりました。 女性審査員は、テイスティングの基礎的知識を備えたワイン業界で活躍する人たちから選ばれており、金賞を受けたワインは、本場フランスでは売り上げが数倍になるほどの認知度があります。

第13回目を迎える今回、パリ、パルク・フローラルでコンクールが開催され、4月4日(木)の審査会の後、4月8日(月)に結果が発表されました。今年は世界から5540アイテムのワインとリキュールが出品されました。
出品国は全部で16カ国。世界から集まった女性ワインプロの審査員は510名にのぼりました。審査を行えるのはソムリエや醸造家、ワインジャーナリスト、インポーターなどワインテイスティングのキャリアのある女性のみです。隣り合った審査員とは会話を交わすことなく、見事にオーガナイズされたソムリエたちの提供サービスとともに、10項目の審査ポイントを元に20点満点で審査します。

審査対象は、非発泡性及び、発泡性、リキュールワインを含めた世界のすべてのワイン(赤、ロゼ、白)、自然派、発泡酒、リキュール、テーブルワインです。今回受賞した梅の酒はリキュールに分類されます。

優秀なワイン・リキュールは金賞、銀賞が授与されます。

 

梅の酒について

「一筆啓上 梅の酒」は、あわら市産の完熟した紅映梅(べにさしうめ)だけを使っています。仕込みは久保田酒造の本醸造の原酒で、酒のうま味を活かすために砂糖の使用量を通常の半分以下に抑えています。

豊かな香りと風味、すっきりとした甘みが特長です。アルコール度数は12度と低めで飲みやすいのもポイントです。

今回の受賞は、福井の米、酒、果実がいいと世界に認められたようで、こんな嬉しいことはありません。是非みなさんにも飲んでいただきたいです!

今回の受賞のメダルシールは500mlクリアケース入りに貼ってあります!

カテゴリ一覧

ページトップへ