0
¥0

現在カート内に商品はございません。

本醸造

本醸造について

「お米」と「米麹(こうじ)」、「水」、「醸造アルコール」で作られたお酒のことです。

特徴として、お米の精米歩合(ぶあい)が70%以下(30%以上のお米を削ったもの)で、原料米1トンあたり、120リットル以下の醸造用アルコールが添加された酒です。

しかし、醸造用アルコールが添加されたから純米酒に劣るわけではありません!
醸造の過程でアルコールを加えるということは、お酒を水増ししている訳ではなく、辛口のスッキリとした味になったり、防腐作用があったりします。
また、添加できる醸造アルコールの量は、使用する米の重量10%までと規定があります。
その添加されるアルコールは蒸留して作られた純粋なアルコールで、合成したものではありません。醸造アルコールは、本醸造酒のスッキリとした味わいを出すために必須の原料なのです。

本醸造種の味わいにおける最大の特徴は、すっきりとした辛口です。
本醸造酒に添加される醸造アルコールそのものは非常に辛口ですので、醸造アルコールが添加された本醸造酒も辛口な味わいに仕上がるという訳です。
米の旨みも充分生かしつつ、すっきりと、後味は爽快なのが魅力な本醸造酒は、飲み飽きないですし、食事にも普段の晩酌にも最適です。

4件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む

カテゴリ一覧

ページトップへ