0
¥0

現在カート内に商品はございません。

久保田酒造合資会社

〒910-0207

福井県坂井市丸岡町山久保27-45

TEL: 0776-66-0123

FAX: 0776-67-2367

久保田酒造のご紹介

わたしたちは福井県の小さな町で約260年余り酒造りに携わってきました。はじまりは宝暦3年。「失われた室町時代 伝説の酒『越前豊原の酒』をふたたび」当時の越前丸岡藩主から久保田家に下された命でした。

久保田酒造にしかない味をつくるこだわりは三つ。
一つ目は、この地から湧き出ている地下水。
二つ目は、地下水と似た水質の水田で自社栽培した酒米。
三つ目は、高品質で安定した麹造り。

日本酒の味を決めるのは、麹6割、米1割、水1割、造り手の技術2 割。
わたしたちはそのどれにも深く語れる経験と自信を持っています。

酒造りは、この地とともに喜び悲しんで成長してきた家業。
酒蔵がある丸岡町は小さいながらも人々が助け合う住みやすい町です。
この場所の住みやすさを保ち続けるためにも、わたしたちは稲を植え、水を汲んで、日々この場所でしかできない日本酒をつくり続けています。

「駒ヶ瀬屋」は毎年町内にある國神神社に奉納しています。
地元で育ったものでお酒をつくり、地元の神様に豊作への感謝を込めて奉納する。
それこそが本当の地酒だと信じ、私たちは今日も日本酒をつくっています。

純米酒

純米酒について

「純米」とは、「お米」と「米麹(こうじ)」、「水」だけで作られたお酒のことです。

そして、「純米酒」は精米歩合(ぶあい)による規定がありません。

純米醸造酒ともいい、濃厚な味のタイプが多いことも特徴です。精米歩合の規程が無いことで、純米酒と一言言っても味に大きく違いがでるのも大きな特徴です。

 

生か火入れか?

「生酒(なまざけ)」とは、一度も「火入れ」の作業を行っていないお酒のことです。とてもデリケートなお酒です。
酒を造る工程で、最後に「火入れ」という作業を行います。
火入れは安定した製品造りには欠かすことのできない作業ですが、火入れをすることにより搾った直後の酒と比べ、味や香りが変わってきます。

これは流通が発達した今の時代だからこそ楽しんでいただけるお酒とも言えます。
生酒は生きています。高温多湿の状況下では味が劣化しますので、ご購入後は冷蔵庫に入れていただき、開封後はお早めにご賞味ください。

 

ひやおろしって?

春先に搾られた新酒を、一度火入れし暑い夏の間ひんやりとした蔵で熟成を深め、秋に二度目の火入れをせずに生のまま詰めたお酒です。旨みたっぷり、まろやかで円熟の味わいです。

8件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む

カテゴリ一覧

ページトップへ