0
¥0

現在カート内に商品はございません。

純米吟醸

純米吟醸について

「純米」とは、「お米」と「米麹(こうじ)」と「水」だけ作られたお酒のことです。

「純米吟醸」とは、お米の精米歩合(ぶあい)が60%以下で、お米が40%以上削られます。低温でじっくりと作られます。

磨いたお米(精米歩合の数字が低い)ほど「すっきりさ、香りの華やかさ、軽さ、薄さ」といった特徴が目立つようになります。そのため、旨みだけが残ったお米でじっくり作られたお酒は、とても香りが華やかで味わい深いものになります。

また、醸造アルコールを使っていないことも純米吟醸の特徴です。お米をたくさん磨いても、醸造用のアルコールを10%以上使用したものは、普通酒となってしまいます。

純米大吟醸と純米吟醸の違いは、原料に用いる米の精米歩合が違います。
純米大吟醸は、精米歩合が50%以下の米を使用し、対して純米吟醸に用いる米は精米歩合60%以下のものです。ただ、精米歩合が低いからといって純米吟醸が純米大吟醸と比べて劣っている訳ではありません。純米大吟醸は、より華やかな吟醸香を楽しめますし、対して純米吟醸は芳醇な味わいと華やかな香りのコントラストが楽しめます。

銘柄によって好みは分かれるかもしれませんが、純米吟醸は手間のかかったお酒なので、是非「純米大吟醸」との違いなど、飲み比べて楽しんで欲しいです!

9件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む

カテゴリ一覧

ページトップへ