0
¥0

現在カート内に商品はございません。

久保田酒造合資会社

〒910-0207

福井県坂井市丸岡町山久保27-45

TEL: 0776-66-0123

FAX: 0776-67-2367

久保田酒造のご紹介

わたしたちは福井県の小さな町で約260年余り酒造りに携わってきました。はじまりは宝暦3年。「失われた室町時代 伝説の酒『越前豊原の酒』をふたたび」当時の越前丸岡藩主から久保田家に下された命でした。

久保田酒造にしかない味をつくるこだわりは三つ。
一つ目は、この地から湧き出ている地下水。
二つ目は、地下水と似た水質の水田で自社栽培した酒米。
三つ目は、高品質で安定した麹造り。

日本酒の味を決めるのは、麹6割、米1割、水1割、造り手の技術2 割。
わたしたちはそのどれにも深く語れる経験と自信を持っています。

酒造りは、この地とともに喜び悲しんで成長してきた家業。
酒蔵がある丸岡町は小さいながらも人々が助け合う住みやすい町です。
この場所の住みやすさを保ち続けるためにも、わたしたちは稲を植え、水を汲んで、日々この場所でしかできない日本酒をつくり続けています。

「駒ヶ瀬屋」は毎年町内にある國神神社に奉納しています。
地元で育ったものでお酒をつくり、地元の神様に豊作への感謝を込めて奉納する。
それこそが本当の地酒だと信じ、私たちは今日も日本酒をつくっています。

純米原酒 鬼作左 720ml

¥1,474 税込
商品コード: 1427529
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

鬼作左とは・・・


「一筆啓上」を書いた本多作左衛門重次のことです。

武骨でとおる三河武士の代表とされている人で、三河三奉行の一人となり訴訟や兵事を担当して、「鬼作左」と呼ばれました。

「主君にとって一番いいと思うことをやり抜く」という信念を頑なに守り続けた徳川家康の忠臣として、秀吉の母大政所が人質として岡崎に下向した時、居館周囲に薪を積み、京都にいる家康に変事が起こればただちに火をつける態勢を整え大政所を監視したというエピソードの持ち主です。

勇猛で短気な頑固者だが、自分のことを捨て、ひたすら君主家康のために尽くした作左衛門を、領民は親しみを込めて「鬼作左」と呼んだそうです。

米作りから手掛けています


「米を育てた水田の水と同じ水質の水でご飯を炊くと美味しい。」と言われています。
「お酒の仕込水と同じ水で育てた地元の酒米を原料として醸造すれば、美味しいお酒ができる」と考え、自社水田で「山田錦」を丁寧に栽培。
酒米だけではなく・仕込み水・酒造りを全て地元丸岡にこだわった「純粋な福井丸岡の地酒」です。

おすすめの飲み方 : 冷やして○ 常温◎ ぬる燗◎


内容量720ml
原材料 米・米麹
原料米山田錦
精米歩合70%
アルコール度17.6度
日本酒度+3.8
酸度1.7
アミノ酸度1.6

カテゴリ一覧

ページトップへ